中島淳彦作『家族日記』出演記録
 

 演劇ユニット
TALLY-HO (さあ、行くぞ ! )
第1回プロデュース『家族日記』出演記録
  
 


あそびごころの 佐藤 輝の世界

H O M E
 | プロフィール | 俳優・佐藤輝 | サンチョ写真館 | 俳句 | エッセイ | てるてる広場 | 縁あってリンク
                               


中島淳彦作・堤泰之演出『家族日記』
2004年1月14日〜20日 下北沢 ザ・スズナリ



    俳優佐藤輝 『家族日記』

   2004年1月 開演時間  14日(水) ――― 19:30
                15日(木) ――― 19:30
                16日(金) ――― 19:30
                17日(土) 14:00  19:00
                18日(日) 14:00  19:00
                19日(月) ――― 19:30
                20日(火) 14:00  19:00



 初日舞台写真
                   
    俳優 佐藤輝 『家族日記』
    佐藤 輝
                              


俳優 佐藤輝 『家族日記』 箱戯宏美
左から長森雅人佐藤 輝 (大野)、箱木宏美

     


稽古場から劇場へ     2004年1月12日

 通し稽古を2回して稽古場での稽古を無事におえ、稽古場撤収。
 『家族日記』で43日、その前の『ろば2003』の稽古を含めるとほぼ2カ月間、溝口に通ったことになる。
 明日はいよいよ下北沢のザ・スズナリに搬入。14日の初日に向けて、仕込み、舞台稽古と続く。
 芝居の流れも良く厚みも出て、初日の開幕が楽しみです。


作者・中島淳彦、稽古場へ   2004年1月9日

 26年振りの正月帰省から東京に戻った中島淳彦さんが稽古場に現れて(?)今日も衣装付き通し稽古。
 作者自身の感想が語られ、演出も含めての全員が中島ワールドの微妙な作りを再認識。残り3日間の稽古で登場人物の人間関係の機微を更に確かなものに !


衣装付き通し稽古   2004年1月8日

 衣装も音楽、効果音も決って照明の打合せも進む。初日まで6日。衣装を着けての通し稽古。

     
 
    

立稽古進む  12月23日

 台詞もほぼ入って稽古は順調 !

俳優佐藤輝 『家族日記』
左から丸山裕子、恒吉雄一、佐藤 輝



決定台本  12月16日

 16日、決定台本が上がり、その台本を持ちながら粗立ち。
 思い掛けない具体的な設定や新たに加わった台詞と動きに大笑いしながら、大道具や小道具の確認も進んだ。
 ようやく台詞を覚えたところに新しい台詞が沢山増えたので新しい流れを作るまで出演者は一苦労だが、作品のパワーが増し夫々の役も膨らんでお客さまが喜んでくれるのだから、大いにやり甲斐のある苦労だ。


平面から立体へ  12月13日

 13日、舞台装置のプランを考えるための粗立ち(半立ち)稽古に入った。
 朝霧の中からふわふわと揺れながら人が現れるように「中島淳彦喜劇ワールド」が徐々に姿を見せてきた ! !
 本読み段階では読みきれなかった登場人物たちが、平面から息をして立ち上がり、実におかしな生きた人間たちとして生活しだした。これが「中島淳彦喜劇ワールド」 ! !
 絶対絶対お見逃し無く ! ! 『家族日記』に請うご期待。


『家族日記』本格稽古に !  12月11日

 まだまだ仕上がりが遅れるかと思われた『家族日記』の台本が7日に仕上がり、作者の中島淳彦さんが立ち会って役柄の設定、場面状況の説明、本読みから本格的稽古に入った。
  9日からは演出・堤泰之さんも稽古に参加、劇・場面の構成、役のキャラクター、役の関係など細かな設定をしつつ本読みが進んでいる。
 今迄の中島作品とは違った大人の世界を意識した台本の作りに、出演者は最初戸惑いましたが、稽古を重ねるうちに夫々の役が膨らみ関係が見えて来て、稽古場に不思議なエネルギーが出て来ました。これから稽古に合わせて本の直しもされるので更に役のキャラクターが膨らみ新しいスタイルの「中島淳彦喜劇ワールド」が誕生することでしょう。わくわくドキドキでご期待下さい。


TALLY-HO (タリー・ホー)第1回プロデュース
中島淳彦作・堤泰之演出『家族日記』
2004年1月14日〜20日 下北沢 ザ・スズナリ


 公演間際の仕上がりが多い中島さんとしては奇跡的に早く台本の3分の1が上がり、10月30日、顔寄せと本読みが行われました。人間関係の機微を細やかに描いた大人の世界。実に面白い導入部です。これから先の展開が待たれます。

 2004年はTALLY-HOの人間喜劇で新春をお楽しみ下さい ! !


俳優佐藤輝 『家族日記』
前列左から箱木宏美、福山秀子、佐藤 輝、丸山裕子、恒吉雄一、友松タケホ、鈴木弥生
後列左から長森雅人、音楽・豊島修一、演出・堤 泰之、作・中島淳彦、水口てつ




中島淳彦書下し。どんなホンが上るか期待でドキドキしますね。
箱木さん福山さんが、公演期間、出演者などの詳細発表に向けて、あの個性モロだしで準備中です(笑)。もうしばらくお待ち下さい。



TALLY-HO タリー・ホー 第3弾
 
 中島淳彦喜劇ワールドの凄さを新宿シアタートップスの劇団道学先生公演『ザブザブ波止場』に観た! 人間の可笑しさ、切なさ、面白さ、愛おしさ満杯の笑いの連続。
 あなたがその喜劇ワールドに浸れるのも、そう先のことではありません。

 胸がトキメクTALLY-HO ! (タリー・ホー! さあ、行くぞ ! )
 箱木宏美、福山秀子の二女優が進めている演劇ユニット『TALLY-HO』があなたを中島淳彦喜劇ワールドに案内してくれます。

TALLY-HO第1回公演は中島淳彦の書下し。
期待してお待ち下さい。


                     輝 ☆彡 2003.7.5



TALLY-HO 第2弾

 TALLY-HOを知っていますか?  TALLY-HOとは?

 今迄は水面下でプロジェクトが進行していた『TALLY-HO』が、今日、徐々に姿を現し始めた。
 そのキーワードは『中島淳彦』『ザ・スズナリ』。


 『中島淳彦』は小劇場界を代表するスター劇作家。劇団道学先生の座付き作家、そして演出家。中島作品は今迄6公演ほど観ているが好きな作家の一人。優しい眼差しで庶民の日常をユーモラスに描きながら土台のしっかりした作風は注目の的。放送界や多くの劇団から新作の依頼が殺到している。来年は『中島淳彦』大プレイクの年になりそう。
 『ザ・スズナリ』は若者の街・下北沢にある小劇場の聖地。新鮮な作品が次々と公演され、ここから世に出た作品、俳優は数が知れない。また著名な作品や出演者がここに里帰りして刺激的な世界を現出している。劇場の数が増えた今でも、益々目が離せない注目の劇場。

 『中島淳彦』と『ザ・スズナリ』を結びつけるのが『TALLY-HO』(タリー・ホー)。
 「さあ、行くぞ ! 」の意味を持つ『TALLY-HO』は箱木宏美、福山秀子の二女優が中島淳彦作品を公演する目的で作ったユニット。
 その打合せと台本を書くための中島淳彦さんによるワークショップが今日開かれ、初顔合わせとは思えない和気あいあいの中、エネルギッシュな丁々発止の真剣勝負に笑い転げた。
 台本を書く前から、面白い舞台になること間違いなし! ! と確信。

 その全貌が姿を現すのは何時?! この詳細は、また。

                     輝 ☆彡 2003.6.10



TALLY-HO プロジェクト進行中

 
TALLY-HOを知っていますか?  TALLY-HOとは?
 プロジェクトが水面下で着々と進行中です。
 その全貌が姿を現すのは何時?!
Copyright©2003-18 TERUTSUU All Rights Reserved 記事・写真の無断転載を禁じます。