俳優・佐藤 輝 -23
 
あそびごころの 佐藤 輝の世界 俳優・佐藤 輝 - 23
2009年11月〜2010年4
 
H O M E | プロフィール | 俳優・佐藤輝 | サンチョ写真館 | 俳句 | エッセイ | てるてる広場 | 縁あってリンク
 2010年4月〜9月 新しいページへ 古いページ2009年7月〜11月
 
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  
  21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38
39 40 41  
    
 
2009年11月〜2010年4月


NHK-FM青春アドベンチャー『黄金仮面』放送終了 

俳優佐藤輝 NHKFM青春アドベンチャー『黄金仮面』


4月5日〜4月16日の月曜日から金曜日 、22時45分〜23時に 全10回シリーズ でNHK-FMで全国放送されたラジオドラマ青春アドベンチャー『黄金仮面』は好評をいただき、放送を終了しました。
ホームページの掲示板への書き込みやメールでご感想をいただきました。ありがとうございました。
その一部を下に転載させていただきました。

コスモス  2010 4/ 6(火) 23:27:44
輝さ~ん!
 昨日からのNHK-FM黄金仮面を今日も楽しく聞きました。
 番組放送の15分間をほとんど息をとめたままで聞いていたような気がします(笑)
 とてもワクワクどきどきで、面白いです。
 少しとぼけ気味の輝さんの浪越警部がまた、可笑しかったり緊張感があったりで楽しいのです。
 さあこの先はどうなる? 次は何が起きる? と思っているうちに過ぎてしまう、あっという間の15分ですね。
 ラジオドラマがこんなに面白いとは、本当に久しぶりに楽しんでいます。
 16日の最終回まで、浪越警部の活躍を楽しませていただきます!

ごりょんさん  2010 4/17(土) 00:38:33
輝サンチョさま
『黄金仮面』拝聴しましたよ〜(@^^)/
久しぶりにFMのチュ−ニング変更しました、笑。
今日(日付変わって昨日)で終わっちゃいましたね(+o+)。
まるで真横で展開しているかのように思えました。音だけだと想像力働きますし・・。
また寒さが戻って来てしまいましたが
お体に気をつけてお仕事(お里帰りも?)してくださ〜い。

おの  2010 4/17(土) 01:09:31
 波越警部 様
 お元気ですか? 東京は寒いようですね。
福岡は、ちらほらツツジの花が咲いています。
ラジオドラマ「黄金仮面」拝聴いたしました!
15分間に目も回るようなストーリー展開。
ラジオだから、自分の頭にいろんな場面が豊かに想像できて、10回シリーズも、あっという間でした。
 実は、初回で波越警部の声に「あれ?サンチョさん??」と聞き間違ったかのように感じました。
 サンチョさんの舞台作品は「子午線の祀り」
「ラ・マンチャの男」「三平物語」の三作品しか知らないので、警部というイメージが新鮮でしたし、ラジオから聞こえてくる声が、前回のラジオドラマと違って別人のように感じました。
 続編があると、またいいな。と思っています。
篠井さんの舞台も、いつか拝見したいと思っていながらズルズルきていますが、篠井ワールドの明智小五郎も紳士的でさわやかでした。
 また、サンチョ様の出演作品情報を楽しみにしていまーす^^。
 おつかれさまでしたm(__)m
 
スイーツ  2010 4/17(土) 12:24:58
輝さん
 後半はさらに活躍された波越警部、楽しい2週間をありがとうございました!!!!!
 毎晩、続きを聴くのを楽しみにしてスイッチを入れました。
 『黄金仮面』、終わってしまいましたね。
 おのさんと同じ気持で、続編を聞きたいです。
 どんな役を演じてもその俳優さん自身のカラーしか出せない俳優さんが多いのに、輝さんは本当に、その役を演じられていらっしゃるのが今回も良く分かりました。
 2月に拝見した『友情』のオヤジ役はまさに焼肉屋のオヤジでしたし、今回は全く違って、波越警部はこんな人物と納得させられました。
 新しい役を演じられる度に新鮮で、面白く感動させてくださる輝さんの役作りの姿勢はとてもすごいことだと感心しながら、たくさんのパワーをいただいております。
 篠井さんの明智小五郎と、親友関係の輝さんの波越警部の取り合わせが面白いので、このコンビでぜひ明智小五郎シリーズを作っていただきたいですね。NHKさん、お願いします! (笑)
 次の出演情報も楽しみにしております。
 桜が散った後のこんな遅い雪に凍えています。
 輝さんもどうぞ体調を崩されませんように!

浜田   2010 4/21(水) 18:54
輝さんの波越警部楽しく聞きました。まさにテンションもあがりチャーミングな警部さんでした。
早寝の私ですが紅茶を飲んで備えましたよ。ラジオは想像が膨らんで好きです。又私たちに夢をくださいね。浜田



銀座・博品館劇場『友情 〜秋桜のバラード〜 』  




 2/16〜28の銀座・博品館劇場『友情 〜秋桜のバラード〜 』 公演にも多くの皆さまにご来場いただきありがとうございました。客席は連日感動と涙にあふれました。
 女房役浅茅陽子さん、ダブルキャストの息子との家族関係も良く、佐藤 輝の焼肉屋のオヤジ役は「深刻なテーマの作品の中で、息子の将来を気遣う父親の熱い思いに希望と救いを見ることができて心が安らいだ。挑戦を続けている輝さんの演技に元気を貰いました」と好評でした。





■2010年4月 佐藤 輝 出演


NHKラジオ FM放送
ラジオドラマ 青春アドベンチャー『黄金仮面』

2010年4月5日(月)〜4月16日(金)
月曜日〜金曜日 22時45分〜23時 全10回放送

原作 : 江戸川乱歩 脚色 : 大河内聡 演出 : 江澤俊彦

【主な出演者】
明智小五郎 : 篠井英介 黄金仮面 : 立川三貴 波越警部 : 佐藤 輝
N (語り) : 冷泉公裕

俳優佐藤輝 NHKFM青春アドベンチャー『黄金仮面』はがき

江戸川乱歩といえば名探偵「明智小五郎」。「明智小五郎」といえば相棒の「波越警部」。このコンビが事件を解決する? その「波越警部」を佐藤 輝が演じます。お楽しみください。



『友情 〜秋桜のバラード〜』千秋楽 

 1月5日から始まった銀座・博品館劇場の『友情 』公演は、2月16日から僕たち4組が出演し、その間に出演者3人がインフルエンザにかかって代役出演となったりしたものの大事には至らず、まあまあ無事に2月28日に千秋楽を終えた。
 おいでくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

 お客さんは泣いて泣いて ! 
 ストーリーそのものが切なく感動的なだけに、演じている舞台にも客席のすすり泣く音が聞こえてきた。そしてカーテンコールで客席を見ると、みんながハンカチで涙を拭いている。

 出演者が多いのに楽屋の数が少なく狭いので、今回は大人の男性出演者4人が同室。舞台で演ずることよりも楽屋のぺラぺラしゃべりで個性を発揮する同室者がいたりすると落ち着かなくて困る楽屋。時には、自分がどこかに置き忘れたかも知れないメガネの紛失なのに、疑いを同室者に向けたりする人もいるので、同室者の組み合わせによって気分が左右される。

 今回、僕は化粧前が赤井英和さんと隣りあわせになって、赤井さんのやわらかで温かな人柄と実直さに感心し、公演中にずうっと赤井さんに付き添っていた奥さんの佳子さんとの夫婦仲の良さに微笑み、楽しく気持ち良い楽屋生活を送ることができた。それで楽屋でも打上げパーティーでも、この笑顔、この写真。


俳優佐藤輝 博品韓劇場『友情』赤井英和さん


俳優佐藤輝 博品韓劇場『友情』赤井英和さん、佳子夫人


 赤井さんとはまた機会があったら何かのお仕事をぜひご一緒したいと願っている。赤井さんも、僕が大好きな大阪・鶴橋の焼肉屋吉田の常連。あの美味い焼肉を食べながらオモニと3人で語り合えたら嬉しいなぁ。

                  輝 ☆彡 2010.3.6




銀座・博品館劇場公演 友情 秋桜のバラード は
お陰様で無事に公演を終了しました。
応援ありがとうございました ! ! 


2010年2月 舞台出演

銀座8丁目・博品館劇場 2月16日〜28日

 脚本:布施博一 演出:吉村ゆう 総合演出:田中林輔
  
友 情 秋桜のバラード

【主な出演者】
赤井英和  浅茅陽子 佐藤 輝 山本みどり 神田陽子 丹古母鬼馬二



2010年1月 

 日本海側に大雪を降らせた筋状の雲が久しぶりに天気予報の画面から消えて、今日は陽射しがやわらかい。
 洗面所で如雨露に水を入れてバルコニーへ往復する鉢たちへの水やりも、寒風を受けながらするのとは違って、たっぷりゆっくり、それぞれの鉢の様子を観察しながら楽しんだ。

 山茶花は最後の一花が葉陰にひっそりと咲いている。
 その隣り、「舘椿(たてつばき)」と呼んで大事にしている薮椿は、明日にも二番花が咲きそうにつぼみがふくらんで、鮮やかな赤色が見えてきた。

 この舘椿は、少年時代の僕が大好きだった薮椿の子供。
 故郷山形の雪に閉じこめられた厳しい寒さの墨色の季節の中に、燃えるような鮮やかな深紅の花を咲かせて春の息吹を感じさせ少年の心を奮い立たせて元気をくれたのは、生家の庭にある高さ3メートルほどもある薮椿。その実がこぼれて、地上に生え出た実生苗(のっこ)を30年以上も育てた鉢だ。

 季節の最初に咲く一番花は力がみなぎり形も良く、色がさえて最も美しい。今年も一番花を楽しみにして正月帰省から帰ってきた。そして、7日に咲いた。
 ところが、その直前、少し開きはじめたまだ蕾のうちに、早朝、夢心地の中で、ひよどりの囀りを聞いたから多分ひよどりだろう、それに花びらの先端をかじられてしまった。

 だから今年の一番花は完全な形では見ることができなかった。それでもその鮮やかな艶のある深紅の花は、寒さにめげず僕を元気付けてくれた。元気をもらいながら、今年の大雪の中でも咲いているであろう、生家の庭の親木を思った。


俳優佐藤輝 撮影 舘椿

 思えば、と言うか、思わず知らずと言うべきか、途中途中には掲示板への書き込みをしたものの、このページは2カ月ぶりの更新。誰に謝らなければならないこともないのだけれど、スミマセン。

 この間に『おしん 少女編』全国公演は、昨年12月2日岩手県盛岡市でめでたく千秋楽となり、24会場、52回上演の全行程を終えることができた。

 今は少し下火になっている新型インフルエンザが最も広がっていたあの時期に、ダブルキャストのおしん役・佐々木麻緒ちゃんと諸星すみれちゃん、加賀屋加代役の渡邊ひかるちゃんと神山未来ちゃん、この4人の子役から淡島千景さんまで出演者24人と子役のお母さん4人を含めた全員が1台のバスに乗り、夜の公演終了後に翌日の公演地まで、時には520キロを移動する超ハードなスケジュールを、1人の病人も出さずに無事に終えることができたのは、みんなが体調管理をしっかりとしたプロ意識のなせる技だと思う。何と言っても、毎日ずらりと白いマスクが並んでいる客席を前にして演じていたのだから。

 その状況下でも各会場に来て舞台を見て下さった多くのお客さまには心から感謝しています。感動した客席の熱い拍手が、僕たちを元気付ける一番のビタミン剤でした。

 泣いた! 感動した! の感想は異口同音に聞かれ、「地方のホールでこれほど大掛かりに道具を仕込んだ舞台は見たことがなかった」や「さすがに出演者のレベルが高い」などの感想を聞いた時には、こんなに喜んでもらえて地方巡業をした甲斐があったと喜びました。

『おしん 少女編』カーテンコール 

俳優佐藤輝 淡島千景さん 2009.12.1『おしん 少女編』酒田

 上の写真は全国公演中唯一の記念すべきカーテンコール。12月1日、僕が高校生活を送った山形県酒田市・希望ホールで。

 高校の同級生を中心にした同期「酒東39会」のメンバーから、地元公演お祝いの花束を渡したいが都合が良いのはいつか、と連絡をもらったのがことの始まり。
 商工会議所の専務理事を務める同期生が働き掛けてくれた酒田市と観光協会に加えて、経済連、中学同期、古くから応援してくれた知人などからも申し出があって、メインの出演者全員への花束贈呈となった。
 終演後に1分でも早く道具も衣裳も片付けて移動するスケジュールの中、当日は1回公演のローテーションで出演のなかった佐々木麻緒ちゃんも諸星すみれちゃんと一緒におしん扮装でカーテンコールに参加した。客席からは熱い拍手と歓声が沸き上がって、会場全体が感動に包まれた。

 僕は主宰していた劇団動物園が旧酒田市民会館で『ろば』『むかし・まつり』を公演して以来30年ぶりの酒田での舞台出演。生家のある隣町・庄内町からも大勢の知り合いが駆けつけてくれたし、酒田東高校の後輩400人も観劇してくれた。

 「こんなに沢山のご来場、ありがとうございました。今朝の快晴の空の下、真っ白の雪をかぶった鳥海山と月山の間にあるこの庄内平野で、僕は沢山の感性をいただきました。そして高校卒業以来45年間、小学校中学校の同期、高校の同期の仲間、地域の多くの皆さんに支えられて俳優を続けてきました。そして今日は高校の若い後輩、1、2年生400人の皆さんも観に来てくれました。ありがとうございます。これからも体の続く限り、一人でも多くの皆様に感動していただくために俳優として演技を続けますので、どうぞ応援してください。またな、またなぁ、またなぁ〜ッ! 」と定次役のユーモラスな動きを入れて挨拶。満場の拍手と歓声に包まれて、涙がでるほど感激した。
 花束の手配に奔走してしてくれた皆さん、カーテンコールを設定してくれた制作スタッフの皆さん、バラシ片付けが遅れるのも承知で段取りを付けて手伝ってくれたスタッフの皆さん、その皆さんの協力があって感動的なカーテンコールができました。僕もお礼の挨拶をさせていただけました。感謝申し上げます。


俳優佐藤輝 撮影 おしん少女編酒田希望ホール 鳥海山 12月1日希望ホール公演当日の酒田の朝。北にそびえる出羽富士・鳥海山(2336m)。


正月帰省した山形 

俳優佐藤輝 山形自動車道

 これでも高速道。
  山形自動車道は50キロ規制。雪道では急ブレーキと急ハンドルが命取りになる。ゆるゆると庄内平野に入った。

俳優佐藤輝 山形県庄内地方 ブリザード地吹雪

 庄内の雪は強い西風に吹き飛ばされて横からなぐりつける地吹雪(ブリザード)になる。空は見えても進む道もとなり村も見えなくなることがある。風の通り道には雪が積もり吹き山ができる。今年の正月はまれに見る大雪に見舞われ、久しぶりに故郷の冬の厳しさを実感した。

   地吹雪の 晴れて一村 間近なり  輝 

 明日は4月中旬の最高気温になるとの予報。
 舘椿も一斉に咲きだしそうだ。
 ひよどりが来る前に、深紅の花から元気をもらおう。

                  輝 ☆彡   2010.1.19




全国特別公演 おしん 少女 は
お陰様で無事に公演を終了しました。
応援ありがとうございました ! ! 


2009年11月〜12月 舞台出演

全国特別公演

橋田壽賀子/原作  菊村 禮/補綴  石井ふく子/演出
 
おしん 少女編

俳優佐藤輝 おしん少女編チラシ
 
8月の名古屋・御園座公演に引き続き、佐藤 輝も定次役で出演します。
 各地の皆さまとの再会を楽しみにしております。お近くの会場に是非おいでください。

全国特別公演 
  11月01日(日) 大阪府岸和田市 波切ホール  15 : 00           
  11月02日(月) 京都府宇治市 宇治市文化センター  13 : 30 18 : 00    
  11月03日(火) 奈良県橿原市 橿原文化会館 13 : 00 17 : 00       
  11月04日(水) 兵庫県神戸市 神戸文化ホール 14 : 30 18 : 30      
  11月05日(木) 徳島県徳島市 徳島市立文化センター 13 : 00 17 : 00   
  11月06日(金) 岡山県岡山市 岡山市民会館 13 : 00 17 : 00       
  11月09日(月) 東京都台東区 浅草公会堂 14 : 00 18 : 00        
  11月10日(火) 東京都台東区 浅草公会堂 11 : 00 15 : 00        
  11月11日(水) 東京都台東区 浅草公会堂 11 : 00 15 : 00        
  11月12日(木) 東京都台東区 浅草公会堂 11 : 00 15 : 00        
  11月13日(金) 福島県郡山市 郡山市民文化センター 13 : 00 17 : 00   
  11月15日(日) 群馬県沼田市 利根沼田文化会館 13 : 00 17 : 00     
  11月16日(月) 栃木県宇都宮市 栃木県総合文化センター 13 : 00 17 : 00 
  11月17日(火) 埼玉県越谷市 サンシティ越谷市民ホール 13 : 00 17 : 00 
  11月18日(水) 静岡県静岡市 静岡文化会館 13 : 00 17 : 00       
  11月19日(木) 神奈川県厚木市 厚木市文化会館 13 : 00 17 : 00     
  11月20日(金) 長野県長野市 長野県県民文化会館 13 : 00 17 : 00    
  11月22日(日) 岐阜県岐阜市 岐阜市民会館 13 : 00 17 : 00       
  11月23日(月) 石川県金沢市 石川厚生年金会館 13 : 00 17 : 00     
  11月24日(火) 富山県富山市 富山県民会館 13 : 00 17 : 00       
  11月25日(水) 山梨県甲府市 山梨県立県民文化ホール  13 : 00 17 : 00  
  11月26日(木) 宮城県仙台市 東京エレクトロンホール宮城 13 : 00 17 : 00
  11月27日(金) 山形県山形市 山形県県民会館 13 : 00 17 : 00      
  11月28日(土) 新潟県新潟市 新潟県民会館 13 : 00 17 : 00       
  11月30日(月) 秋田県秋田市 秋田県民会館 13 : 00 17 : 00       
   12月01日(火) 山形県酒田市 酒田市民会館 (希望ホール) 18 : 30      
   12月02日(水) 岩手県盛岡市 盛岡市民文化ホール 13 : 00 17 : 00     

制作 : 松竹株式会社 製作 : 株式会社アイエス 後援 : 山形県 

【主な出演者】
淡島 千景  音無 美紀子 勝野 洋 斉藤 暁 堤 大二郎 佐藤 輝
佐々木麻緒 諸星すみれ
小宮 健吾 小泉まち子 伊藤みどり



森繁久彌さん、ありがとうございました ! 

 森繁久彌さんが今朝96歳で亡くなられたと、浅草公会堂の『おしん』が終わって事務所スタッフとの食事中に知らされた。

 森繁久彌さんは僕の大恩人。

 その出会いは新聞連載のエッセー「サンチョの生みの親 ― 上― 下」にも書いたが、森繁久彌さんが僕を東宝の佐藤勉プロデューサーに紹介してくださったことから東宝ミュージカルへ出演することになり、その結果が『ラ・マンチャの男』のサンチョ役出演へとつながった。そして今日の佐藤 輝がある。

 森繁久彌さん主演の帝劇『明治太平記』に出していただいた時には、大劇場楽屋での共演者とのつきあい方や作法の貴重なアドバイスを直接いただき、その後の仕事でとても役に立った。今もそのアドバイスは生きている。

 森繁久彌さん、公私共に本当に大お世話になりました。心からの御礼を申しあげます。

 ご冥福をお祈り申しあげます! 安らかにおやすみください。

                  輝 ☆彡 09.11.10



2010年4月〜9月 新しいページへ  古いページ2009年7月〜11月 
Copyright©2003-2018 TERUTSUU All Rights Reserved 記事・写真の無断転載を禁じます。