俳優・佐藤 輝 -28

あそびごころの 佐藤 輝の世界 俳優・佐藤 輝 - 28
 
H O M E | プロフィール | 俳優・佐藤輝 | サンチョ写真館 | 俳句 | エッセイ | てるてる広場 | 縁あってリンク
 2012年1月〜6月 新しいページへ  古いページ2011年6月〜8月
 
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  
  21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38
39 40 41  
    
 
2011年9月〜12月                   


そばの山形 紅葉の天童 

 11月20日、山形県天童市の天童高原スキー場であった「新そばまつり」で香り高い「でわかおり(出羽香り)」を使った打ちたての十割そばをたらふく味わう。

 山形の手打ちそばは間違いなく日本一のそば。仙台や他県からわざわざ食べに来る車も多い。


俳優佐藤輝 天童高原スキー場 新そばまつり


 程よい漬かり方のおみ(近江)漬けなど、漬物がお替わり自由でこれも美味い ! そばは香り、歯ごたえ、のど越しが得も言われぬ快感の美味さで、この板そばを2枚も平らげた。

 大満足ッ ! !



天童高原スキー場に向かう道から少しそれて。


俳優佐藤輝 天童高原 新そばまつり
山あいの村には、誰にももがれないままの柿の実が色鮮やかに残ったまま。


俳優佐藤輝撮影 錦秋の天童高原
しばらく車を停めて、錦秋に見とれる。


                      輝 ☆彡 2011.12.10


千束 鷲神社 三の酉 

 11月26日、三の酉。いつもは東京メトロ銀座線田原町駅でおり、国際通りを北へ1600メートルほど歩いて千束の鷲(おおとり)神社に行くのだが、今年は浅草駅で下車。
 浅草寺前の新仲見世通りにある和装小物の店「ゑり丹」で働いている知人で双子の姉妹(良子さん、純子さん)にひさし振りに会いに立ち寄って鷲神社に参拝。


俳優佐藤輝 千束鷲神社 三の酉


 風もなく穏やかな夕暮れに、力を込めて来年の金運を! 祈った! !

                      輝 ☆彡 2011.12.10


TBS『居酒屋もへじ』ご感想 ! 

 いつ以来のことだったか思い出せないほどひさし振りにテレビスタジオで収録した、TBSの『居酒屋もへじ』。業界用語でいわゆるスタジオドラマ。今年の春、桜満開の緑山スタジオで収録した。


俳優佐藤輝


 1966年(昭和41年)だったか、当時所属していた劇団がNHK教育テレビの社会科番組『ベンチの一日』にユニットで出演したのが僕の最初のテレビ出演だった。同じ頃、連続テレビ小説『おはなはん』に、関東大震災で炊き出しを受ける被災者たちの一人としてもユニット出演した。
 この頃はNHKがまだ日比谷にあった時代。今はそんなことはないが、「ビデオ録画中にNGを出して後で編集しなければならなくなると1カ所ごとに数万円かかるからNGを出すな」などと言われたものだった。

 その後、松竹大船撮影所での映画の仕事を経て、1969年に養成所から劇団俳優小劇場に入るとテレビドラマへの出演が増えた。養成所卒業と同時に日本テレビの『若すぎる二人』にレギュラー出演が決まって、初台でリハーサルをして生田スタジオで収録する生活が半年近く続いた。杉良太郎さんと九重佑三子さん主演のラブロマンスで、僕は九重佑三子さんの弟役の予備校生。父親が佐野周二さん、母親が葦原邦子さん、お婆ちゃんが飯田蝶子さんだった。

 以来、TBSのポーラテレビ小説と水曜劇場を掛け持ちしたり、NHK銀河テレビへの出演が続いたり、80年代までテレビドラマといえばスタジオドラマという時期が続いた。

 だから、当時の照明スタッフさんも入っていた今回の『居酒屋もへじ』のスタジオの雰囲気は、昭和を思い起こさせる居酒屋のセットやストーリーと相まって、タイムマシーンで30年の時をさかのぼったような、自分が若返った感じがして嬉しかった。
 丁寧に準備された台本とリハーサルで緻密に作られたドラマがどんなに心に残る良い作品になるかを実証してくれた『居酒屋もへじ』!


俳優佐藤輝


 ご感想をたくさんいただきました。


◆山形県・藤井さん 2011.09.25 23:02
居酒屋もへじ
二時間あっという間で釘付けになって見てました(目)(テレビ) 輝さんらしさが伝わりました楽しかったデス(拍手)
以上
てい子先生より伝言です(音符)
私も9時にはテレビの前に居ました
始まってすぐに輝さん登場にテンション上がりました
あったかい気持ちになるドラマで、懐かしいような純粋な人間模様が、やさしさを感じました。
松坂慶子さんの実家が、山形の日本海側 ! ! それは庄内ではありませんか(笑顔)(キラメキ)
思わずニヤリとしてしまいました。
ステキな時間が過ごせました。ありがとうございました(音符)志保(若葉)

◆愛知県・浜田さん 2011.09.26 14:08
居酒屋もへじみました。本当にほんのり、ほんわか人情味あふれるドラマでした。輝さんもあいかわらず茶目っ気たっぷり優しい役でした。陽子さんの田舎が山形だなんて又、又嬉しい設定でした。涙腺緩みっぱなしでした。
素敵な番組有難うございました?

◆東京都・コスモスさん 2011.09.26 23:54
輝さん
 こんばんは !
 24時間前の心温まる感動が今も鮮烈に甦ります。
 『居酒屋もへじ』、久しぶりに丁寧な作りのテレビドラマを見せていただきました。
 何か、忘れていた世界を思い出させてくれて、胸をキューンとさせられました !
 じわじわと感動が湧き上がりました。
 陽子さんと同じく、てるてる通信にあった「心のふるさとに」帰ってみたくなりました。
 輝さん、うなぎ屋のフジモトさんの存在感は矢張り中々重さがあって、面白みがあって、派手なことはしていないのにもへじの店にぬくもりを与えていました。
 登場人物みんなの書かれていない生活をドラマで見たくなりました。レギュラー番組になったら面白いと思います。
 輝さんが元気で活躍される姿を見ては元気を頂いています。
 次のご案内も楽しみにしております ! !

◆東京都・加藤さん 2011.09.27 16:59
身内に不幸がありまして今日見ました。血の絆の薄くなった昨今他人同士の暖かい家族 佐藤さんの下町の人柄が良く出ていまして好感がもてました。さすが石井ふく子さん個性派の俳優さんできめましたね。ほのぼのとしたドラマ久しぶりでした。現実に居酒屋がありましたら、私も救われたことでしゃう?

◆東京都・スイーツさん 2011.09.27 22:06
輝さん ! フジモトさん !
 『居酒屋もへじ』素晴らしいドラマでした。
 コスモスさん同様、私も胸キューンで、しばらくは『居酒屋もへじ』モードから抜けられませんでした。
 フジモトさんが、他の皆さんのようなはっきりした設定がないのに、ちゃんと常連客というか、もう住み着いているというか、十分に馴染んでいて、楽しく素敵でした。うなぎの手が輝さんらしく面白みを出してらっしゃいました。
 そういえば陽子さんの故郷は山形県の日本海側って、先日見たばかりの『スペシャリテ紀行』の輝さんの故郷では!? 
 一瞬、エエッ! と思いました。
 連続ドラマにうってつけですね。ぜひぜひ実現してください。
 楽しみが増えました。
 ありがとうございました ! !

◆東京都・楠岡さん 2011.09.28 17:22
『居酒屋もへじ』素敵でした。
 『居酒屋もへじ』拝見させていただきました。
観おわって最初の感想は、
「あー、いま観たかったドラマだな~」
ということでした。
決してヒーローがいるわけでもなく、
大活劇や、流行のサスペンスでもない。
だけど、なにかホッとする、
陽だまりを
感じる作品でした。
輝さんが、フジモトを演じるのに
根津の鰻屋さんを尋ね、取材をされたとのこと、
『ラ・マンチャ』のためにスペインを度々訪れる
輝さんならではの役作りと感心しました。
『居酒屋もへじ!!』続きが観たいですね。
平次と陽子の恋はどうなるのでしょう!?
あんな三郎だって、きっと言えない何かが・・・。
常連の皆さんにも、一人ひとり
自分のドラマがあるはづ。
(当然フジモトにも!)
それを、「もへじ」の
みんなが考え、
解決していく!!
そんな続編があったら、素敵ですね。

◆福岡県・おのさん 2011.10.01 23:49
 輝 さま
 ご出演された「居酒屋もへじ」拝見しました。
 このドラマには、爽やかさ・清潔感をとても感じました。 人情が心地よく感じて。 
 「居酒屋もへじ」がもしも存在していたら、飲みに行ってみたいですね!
 おつかれさまでした。

◆東京都・スイーツさん 2011.10.02 08:44
輝さん !
 お早うございます。
 昨日の朝も、思いがけずテレビで輝さんを拝見しました !
 まるで「輝さん特集」みたいに、輝さんが出ずっぱりで感動ものでした !
 TBSの『王様のブランチ』で先週の瞬間最高視聴率ランキングを発表していましたが『居酒屋もへじ』が5位 !
 16パーセント以上を獲得したそうで、そのポイントシーンが幾つか連続で編集されていて、そのほとんどのシーンに輝さんのフジモトさんが出ている ! セリフを言う ! 輝さん特集になっていました。
 うれしいサプライズで、にっこりしました。

◆福岡県・ごりょんさん 2011.10.03 23:23
輝サンチョさま
 『居酒屋もへじ』拝見しましたよぉ〜(^O^)/
録画していたので2回楽しみました。
石井さんらしい?(年齢がバレル?)昭和の香りのするドラマでしたね。
久しぶりにほのぼのしました。
連続ものやスペシャルものでもいいので
再会できることを祈ります。
『スペシャリテ紀行』も遅ればせながら拝見しました。
和食党のわたくしですが、あのお肉・・
食べてみたいものです。
輝サンチョさまにごちそうしてもらおうっと。
・・・夢の中で・・(^^ゞ


俳優佐藤輝


 ありがとうございました。

 ホントに、もへじみたいな居酒屋があったら、どんなに心やすらぐでしょうね ! 気さくなオヤジと旨い酒肴、そしてわいわい話せる気の置けない仲間。
 料理指導の柳原尚之さんがスタジオで付きっ切りで作った、小鉢に盛られた料理が凄く良い味。とても常連客だけを相手の居酒屋とは思えない上品な美味しさで、毎晩でも行きたくなる店でした。

 番組を楽しんでいただけたこと、出演者としてとても喜んでいます。
 特に、日本が今この状況だからこそこんなドラマを見たかった、このドラマの続きが見たい、連続ドラマにして欲しいとの希望が多くありました。僕も、連続ドラマになったらもちろんトッテモすご~く嬉しいです ! !

 それに、山形県の庄内地方と関係ある方からは、スイーツさんと同じく「松坂慶子さんが演じた陽子さんの故郷は自分の故郷で、輝さんの故郷ですね !? 」との感想も(笑) それは輝さんが出ているからですか ? なんて ! (爆笑)
 それはきっと、鳥海山の麓にあって岩ガキや伏流水の清流の美しさで知られる遊佐町吹浦に疎開したプロデューサー石井ふく子さんや、作者黒土三男さんの庄内に対する熱い思いが現われた結果でしょうが、陽子さんの人物像にふくらみを作っていましたね。

 幅広く楽しんでいただけて、とても嬉しいです。ありがとうございました。

                      輝 ☆彡 2011.12.10


大雪 

 近くの桜並木は、鮮やかな紅色に染まった秋の名残を梢に残しているものの、すき間が増えて、この間までは見えなかった並木を歩く人の姿を、相当先まで目で追い続けられるようになった。

 この2カ月、ズルをしてこのページを更新していない間にも、わが人生の日々はあったから書くべきことは色々とある。けど、何だか時期を失したみたいな感じもあって、それはそれで書き難いもので・・・。特に、季節の移ろいの早さには置いて行かれそう。

 ちょうど1ト月前の11月8日、川上麻衣子さんのガラスデザイン展のオープニングパーティーがあって、ひさし振りに麻衣子ちゃんに会えた。


俳優佐藤輝 川上麻衣子ガラスデザイン展


 そう言えば、正に1年前の12月8日、恒例になっていたオヒョイさんこと藤村俊二さんの誕生パーティーが南青山のオヒョイさんのワインバー「オヒョイ'ズ」であって出掛けたのだが、いつも会えた麻衣子ちゃんとはひと足違いで会えなかった。
 そして、パーティーの主役、当のオヒョイさんも姿を現わさず、その日が最後のパーティーとなって、「オヒョイ'ズ」は閉店した。

 この秋のテレビ番組改編から、土曜日の朝、日本テレビの「ぶらり途中下車の旅」でオヒョイさんの温かい味わいのある声が聞けるようになって、僕は嬉しかった。

 デザイナーを両親に持ち、スウェーデンで生まれ、行ったり来たりしながら育まれたであろう麻衣子ちゃんの大らかな性格とガラスデザイン感覚が融合して、ふくよかなガラスの器が生まれていた。

 見ているだけでいろいろなイメージが広がるのを楽しみながらオヒョイさんのそんな話をしたり、ワインをいただいて良い気分になった。

 帰り道の六本木ヒルズの周りは、クリスマスイルミネーションと東京タワーがまばゆい夜だった。


 そうそう、わが家の新しい家族を紹介します。
 五代目佐藤紅子(ベニコ)。可愛いでしょう? ヨロシクです!





 誕生日(推定)は9月23日。10月15日に家族になりました。

 本当は文鳥ですが、本人は人間、それも僕の子供だと思っているようです。
 でも特技の飛翔は僕より相当達者で、肩の回りを至近距離でキュルキュル小回りしています。夜行性文鳥です。

                     輝 ☆彡 2011.12.7


お久しぶり、です! 師走だァ!! 

 さぶう! さぶう!
 たっぷり冷え込んで、師走だァ!

 長いこと更新を休んでしまいました。単なるズルなんですが・・・。
 スミマセンでした。体はいたって元気です。

 来年5月22日に開業する東京スカイツリー。
 入場券の団体受付も始まった。3月22日からの個人予約が熱く待ち遠しい。

 内装工事が夜まで続いているらしく、展望台の青い照明がいつも見えていて、今日は更に明るい昼光灯がくっきりと輝いている。


俳優佐藤輝撮影 東京スカイツリー 最後のクレーン
10月26日の東京スカイツリー。最後の工事用クレーン。


 第1展望台の上で作業していた黄色の大きなクレーンが徐々に数を減らし、10月にはおもちゃみたいに小さな1台だけになっていたのが、10月30日、前日の雨が去って快晴になった時に見上げたら、クレーンの姿はすっかり消えていた。
 なんだか、雛から育てた小鳥の産毛が生え変わって成鳥になったのを見たような良くぞここまで無事に成長してくれたという喜びと、親離れされた親の一抹の淋しさを同時に感じてしまった。

 が、晴れた空に屹立する整った外観は、誰が見てももう立派な姿。
 見る者の心に勇気を与えてくれる。


俳優佐藤輝撮影 東京スカイツリー 日光男体山
11月26日。奥多摩の山々や筑波山も見えた日。スカイツリーの右、ビルの谷間にかすかに見えているのは日光男体山 !


 9月15日夜に再放送されたBS日テレの『スペシャリテ紀行 〜皿の上の物語〜』「食材の宝庫 ! 山形・庄内の大地まるごとイタリアン」に多くのご感想をいただき、嬉しく読ませていただきました。

◆東京都・山田さん 2011.09.15 22:13
こんばんは。BS 見ています 美味しそうな物ばかりですね いいなぁ! 食べられて!
まだまだ続くこの暑さ、ご自愛下さいね。
◆東京都・山田さん 2011.09.15 22:48
井上さんちのトマト 丸山さんちの羊のお肉食べた〜い!

◆東京都・加藤さん 2011.09.16 11:01
皿の上の物語拝見しました、元気なおすがた明るい会話爽やかでとても良かったです。
奥田さんのお料理を堪能したことでしょう。あやかりたいです。とくに岩牡蠣、井上さんのトマト口に入れたくなりました。

◆愛知県・浜田さん 2011.09.17 19:11
昨日は輝さんの番組夫と共に拝見しました。美味しい料理を食べる輝さんハッピーな表情でしたね。保存版にします。
今度の居酒屋もへじ楽しみにしてます。番組予約しましたよ。

◆東京都・吉崎さん 2011.09.19 23:17
山形の景色の素晴らしさに 奥田さんの想いに TVから香りがしそうなほど美味しそうなお料理に 感動しながら拝見致しました。
輝さんのお年にあらためて驚きました。そして誰とでもすぐに打ち解けてしまえるお人柄が羨ましく思えました。
岩ガキはちょっと塩っぱかったですか?でも絶品なのでしょうね一時間の間に何度ごっくんしたことか(笑)いつか行ってみたいなぁ〜

◆神奈川県・田北さん 
9/15、拝見しました! TVを独占して楽しませて頂きました。前々日からお葉書をコピーして、おすすめしました処、お宅で見て下さった方もあり、好評でした。あの景色、あの料理、奥田シェフの涙ぐましい半生、そして佐藤さんの明るく表情豊かでお話を聞かれる時のやさしさを、特に印象深く見ましたとの感想も伺いました。とても嬉しかったです。

◆山形県・加藤さん
お元気でお過ごしのことと存じます。「庄内の大地」のご案内ありがとうございました。前回も見ましたが、又、一層、楽しく、思い出しながら見せて頂きました。銀座のヤマガタサンダンデロにも又、行ってみたいと思っております。

◆東京都・コスモスさん 2011.09.24 22:48
輝さん 今日は気持ち良い秋晴れでしたね。
スペシャリテ紀行、食欲の秋にうってつけで、大いに刺激されました。本当に16品のスペシャリテコースは羨ましかったです !
てるてる通信の皆さんのご感想に共感でした !
 明日の夜9時からのTBSも楽しみにしております !

◆福岡県・ごりょんさん 2011.10.03 23:23
輝サンチョさま
『スペシャリテ紀行』も遅ればせながら拝見しました。
和食党のわたくしですが、あのお肉・・
食べてみたいものです。
輝サンチョさまにごちそうしてもらおうっと。
・・・夢の中で・・(^^ゞ

 たくさんのご感想、嬉しいです! ありがとうございました。
 鶴岡市の「アル・ケッチァーノ」、銀座の「ヤマガタサンダンデロ」で山形庄内のイタリアンを是非とも味わってください ! !

 皆さんからのご感想と励ましに支えられて、佐藤 輝は次の仕事の準備に励んでいます。

 急に冷え込みが厳しくなりました。
 風邪、インフルエンザをヒョイヒョイとかわしながら、お元気でお過ごしください ! !

                      輝 ☆彡 2011.12.2




■2011年9月 佐藤 輝 出演番組

東京・根津の居酒屋からあなたの心のふるさとに。ホッとする、ぬくもりを。

TBS系全国放送

ドラマ特別企画 『居酒屋もへじ』


放 送 9月25日 () 夜 9:00〜10:48

東京・上野界隈にひっそりとたたずむ居酒屋「もへじ」を舞台に、
他人同士が本当の家族以上の絆で結ばれ、
お互いを思いやり助け合って生きていくさまを
丁寧に描いたドラマ。
 米本平次(水谷豊)が切り盛りする居酒屋「もへじ」は常連客だけが集まる店で、
看板もない。開店20周年。いつもの客が集まってお祝いをしようとした矢先、
酔った女性がふらりと入ってきた。
そこからさまざまな波紋が広がっていく。
どうぞお楽しみください。



佐藤 輝はうなぎ屋の「フジモト」役

水谷 豊 松坂慶子 桂 文珍 角野卓造
川崎麻世 松村雄基 六平直政 佐藤 輝 緒形幹太 北川弘美
高田 翔 諸星すみれ 土師野隆之介
奈良岡朋子 石坂浩二

脚本 : 黒土三男 音楽 : 佐良直美 プロデューサー : 石井ふく子



TBSテレビ『居酒屋もへじ』放送 

 TBSテレビのドラマ特別企画『居酒屋もへじ』が次の日曜日25日に放送されることになった。夜9時から10時48分までのほぼ2時間のドラマ。

 昨年のうちに企画され、今年1月には台本も仕上がっていた番組なのに、3月11日の大震災以後に人々が大切だと思うようになった人と人とのかかわりと絆を描いている。

 大げさにテーマを振りかざすのではなく、庶民の日々の暮らしを丁寧に描くことによって、見る人の心の奥に感動を呼び起こすしみじみとした作りのドラマ。かつて、テレビ、特にTBSにはこんなドラマがたくさんあった。
 ひさし振りのそんなドラマに、今、この時期に出演させてもらえたことを僕は喜びました。

 番組宣伝のインタビュー取材に、台本を読んだ感想を「“心のふれあい” や “温かさ” がしっかりと溢れていて、“人間が存在している物語だな” と思いました。人と人との繋がりが人間の原点なのだなと、それがあれば、人間は生きてゆけると、そう感じて涙が出ました。」と答えた。

 居酒屋もへじの客は顔なじみの常連客だけ。それがみんなびっくりするほど相当に個性豊かで言いたいことを言い合っているんだけど、その違いを認めた上で “仲間” としてお互いを尊重し合っている。
 心を触れ合わせて、地域社会を作り、家族や仲間を見守り、一緒に生きている。きっと心が平等なんだね。
 撮影していて、役の上のその人間関係がとても居心地が良かったので、“こんな場所で生活できたら幸せだろうな”と何度も思った。人と人との繋がりが、地域と地域の繋がりに、国と国の繋がりに、世界に広がればいいなあ、と。

 『居酒屋もへじ』は、とにかくホッとするドラマです。

 人間生きていると色々なことが起きる。人知の及ばないことが降りかかることもある。
 でも、それを乗り越えさせてくれる、人間が生きていることの幸せや人と共にあることの幸せを、このドラマを見ていただけたら感じてもらえると思います。明日への希望やエネルギーになると思います。

 ぜひご覧ください。

                      輝 ☆彡 2011.9.21




■2011年9月 佐藤 輝 出演番組

佐藤 輝が鶴岡市にあるイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」に
奥田政行シェフを訪ねた

テレビ BS日テレ
『 スペシャリテ 紀行 〜皿の上の物語〜』

食材の宝庫! 山形・庄内の大地まるごとイタリアン

放 送 9月15日 (木) 夜10:00〜10:54

山形県庄内地方の食材を通して庄内から日本を元気にしていく・・
そんな夢を追い続ける奥田政行シェフを、庄内出身の俳優佐藤 輝が鶴岡市にある
イタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」に訪ね、一緒に生産者の話を聞き、
シェフの波乱に満ちた半生をインタビュートークで振り返ります。
庄内地方の美しい自然と風景をバックに旅をして、
奥田シェフ渾身のスペシャリテコース16品を堪能。
感動のグルメ紀行番組。好評再放送 ! !
どうぞお楽しみください。

俳優佐藤輝 鶴岡市由良 イタリアンレストラン、アル・ケッチァーノオーナーシェフ奥田政行さんと
【写真】鶴岡市由良漁港で 奥田政行シェフと佐藤 輝



ベランダのバルセロナ ?  

 朝、ベランダで鉢植えに水やりをしていると、どこからともなく、かすかに、バニラのような甘い良い香りがしてきた。

 だれか見知らぬ美女が近くのベランダで洗い髪を乾かしていて、リンスか何かの香りが漂ってくるのかも知れないと見回したが、その気配はまったく感じられない。不思議になって、鼻をヒクヒクさせながら、狭いベランダを歩き回ってみると、ある鉢の近くで香りが強くなった。

 その白い鉢は10年近くも前に楽屋見舞いでいただいた寄せ植えで、最初は何種類かの観葉植物が植えてあったのに、植替えもしないでいたせいかいつの間にか、少しのアイビーとトゲのあるひょろひょろした茎に細い杉のような葉をつけた、名前の分からない植物が残っているだけだ。
 顔を近づけて見ると、そのひょろひょろの茎から花房が伸びて、米粒よりも小さい粟粒ほどの小さな白い花が密集して咲いている。なんと、良い香りはここから漂ってきている。
 今までも小粒の花が咲くことは知っていたが、いつも数が少ないパラパラ咲きの貧相さに気を留めたことがなかったし、香りに気付くこともなかった。

 丁寧に見てみると、花は3ミリほどの花びらが6枚そっくり返って、その真ん中に白い雌しべがツンと立ち、その周りに鮮やかなオレンジ色の雄しべが6本伸び上がっている。今まで知らずにいたことがもったいなかったと思うほど、とても清楚でかわいい花。

 今年の天候がこの植物にとって良い条件だったのか、大きな花房になって沢山の花を咲かせ、それで香りも強くなったのだろう。そして僕が気付くことができたのだ。


俳優佐藤輝撮影 この植物は? この花は? 


 それにしても・・・、この植物の正体は?

 乾燥には強いようで、真夏のベランダでも1週間ほどのの乾きに耐えている。
 土から生え出てくる芽は、まるで野生のアスパラガスを細くしたような形だが、成長するとトゲをつけて木質化する。今は、直径5ミリほどの真っ赤な実が一つなっている。
 根元には長さ3センチほどで半透明の水の塊のような紡錘形の芋(?)が、鉢土の表面に顔を出している。

 こんなに丁寧に観察したのは初めてだ。
 さて、この植物は・・・、何と言うのだろうか ?

 これに似た、いや、こんなスケールじゃなく、もっと沢山の株があって滝のように垂れ下がっていたのを、どこかで見たことがあるような気がして・・・・、あれは !? と思いついて、パソコンのアルバムを開いてみた。・・・、あった ! これと似ている !

 2005年5月名古屋名鉄ホールと6月帝劇の『ラ・マンチャの男』公演に向けて、自分が演じるサンチョの役作りのために2月にスペインを訪ねた時に寄ったバルセロナのグエル公園。ガウディが作ったあの有名な水を吐くとかげの像の手前右の壁に、赤い実をつけて垂れ下がっている。その前で僕は記念写真を撮っていた !

 そうかあ、ドン・キホーテとサンチョの足跡を訪ねて、キホーテが銀月の騎士と最後の戦いをして敗れたバルセロネータ海岸を訪ねて行ったバルセロナだったが、あのバルセロナがこのベランダにある。と、大いに喜んだ。が、この植物が何という名前なのかは、結局分からないままだ。

 これは何とかはっきり知りたいなぁ。

 暑さも一段落してきたし、暇をみて、この写真を手がかりに花屋さん回りをしようと心に決めた秋の初め。

                     輝 ☆彡 2011.9.7


ゆく夏に・・・・  

 今年はおじぎ草が順調に育って、蝉も鳴き東京の夏が本物になった8月4日朝に、こんな素晴らしい花を咲かせてくれた。

 葉にふれて閉じさせたりのストレスを与えないように気を遣いながら、この愛らしく可憐な花にしばらく見惚れた。


俳優佐藤輝撮影 おじぎ草


 夢見るような花の直径は2センチほど。午後にはしぼんでしまう。

 おじぎ草は水が切れると弱るので、コナラやモミジのミニ盆栽と一緒に山形帰省にも連れて行った。
 原産地のブラジルでは多年草だが、耐寒性がないので日本では一年草。
 夕方には葉を閉じて眠り、朝にはその葉を開いて花を咲かせているのに、9月末には花数も減って、ある朝、葉を開かずに垂れ下げてやせた羽抜け鳥のようになって命が尽きる。
 台風12号北上中の今朝も、今が盛りと12個の花を咲かせた。まだしばらくはこの可憐な命から夢をもらう朝が続く。


 夏空の中に立つ東京スカイツリーも、暑さを忘れさせてくれる。爽快だ。


俳優佐藤輝撮影 夏空の東京スカイツリー


 帰省の楽しみは、故郷の自然と、親しい人たちとの再会。それに、故郷の美味いもの !
 今回目指したのは酒田市にあるすし屋『こい勢』。
 噂には聞いていたものの、今まで何度もタイミングが合わず悔しく思っていたから嬉しかった。

 んんむッ ! んまい ! こんな美味い鮨は初めてだ。日本一の鮨だ。最高の味わい。


俳優佐藤輝 山形県酒田市すし屋・こい勢


 シャリを握ってネタを載っけたのが握り鮨だとすると『こい勢』の鮨はそれ以上の、「料理」だ。

 地元庄内浜産の吟味した新鮮なネタは美味しくて当然だが、その旬の材料を生かして更に繊細に調理し微妙な味付けをして、料理人の感性と丁寧な技(腕)によって最高の「料理」に作り上げている。

 お薦めはおまかせ握り10カン。
 ふわっとしたりゴリッとしたり、歯触り、歯ごたえの変化、甘みがあったりとろ味があったり、鮨との出会いにドラマが生まれそれが口の中でミックスして更に深い味わいになる。
 最高のフルコースをいただいた満足感。
 きっと、 舌が鮨シェフ・鈴木福好さんに案内されながら旅を楽しんで喜んでいるのがわかるはずです。

 汗だくになって最上川から歩いた甲斐があった !

     すし屋『こい勢』
     998-0032 山形県酒田市相生町1-3-25 
     0234-24-1741 JR酒田駅から約400メートル 定休月曜日  


俳優佐藤輝 山形県酒田市すし屋・こい勢
のどぐろや岩ガキ、太刀魚、うまづらはぎなど地元日本海産が中心だが、この太平洋産や北海道産も美味い !


 次は、快晴のこの夜の酒田花火ショーを楽しむために最上川へ。

 そしてなぜか、このお二人の庄内美人とご一緒 ! 我ながらこんな顔に。


俳優佐藤輝 山形県酒田市イマージュ美容室齋藤てい子さん藤井志保さん


 福島県境の西吾妻山近くを源流とする最上川は全長229キロ。山形県内を北上し新庄市手前で北西に流れ、酒田で日本海にそそぐ。

 花火会場は河口に近い出羽大橋と、古くから国道7号が通っている両羽橋(羽前と羽後を結ぶ橋)との間。土手の間の巾が700メートルもあって、ゆったり広々した河川敷公園が観覧席。

 空がひろ〜〜い !

 去年8月はBS日テレの番組『スペシャリテ紀行 皿の上の物語』で鶴岡市にあるイタリアレストラン『アル・ケッチァーノ』の奥田シェフを訪ねてロケをしたが、その仕事が丁度終えたので帰りに酒田まで足をのばし、初めて花火ショーを見ることができた。

 子供の頃は両親に連れられて、酒田市に隣接する余目(現庄内町)から何度も酒田港祭りの花火を見に行った。その時も丸くて大きく開いた花火を首が痛くなるほど見上げて喜んだものだった。でも去年の花火ショーはそれよりも数段、数倍、数も多く、大きく、色も鮮やかで、感激しっぱなしだった。


俳優佐藤輝 山形県酒田市最上川花火ショー


 写真でご一緒のお二人は、おていちゃんと呼ばせていただいている『イマージュ image 美容室』の齋藤てい子先生(ゆかた姿)と、美容師の藤井志保さん。

 酒田にありと評判の『イマージュ美容室』は市役所の近くにあって、白を基調にした広いガラス窓から外光をたっぷり取り込んだイタリアを思わせるお洒落な店内はゆったりと落ち着いてステキな空間だ。

 この美容室の皆さんが、帝劇の僕の楽屋を最初に訪ねてくれたのは大地真央さん主演の『マイ・フェア・レディ』だったと思うが、それは1997年の4月だったのか、はっきりしない。
 でも97年8月、青山劇場の『ラ・マンチャの男』を観に来てくれたことははっきりしている。余目町(現庄内町)にある僕の生家近くに住んでいる藤井さんが連絡をしてくれた。

 以来、余目・響ホールでの『天国から来たチャンピオン』や『おしん』酒田公演、庄内町での朗読『生きるよろこび』公演などのたびに、美容室のお客さんも巻きこんで応援していただいている。

 この日の夕方、突然訪ねた美容室は、全員が花火会場に出発する直前で、僕も誘われるがままに合流させてもらった。そして親しいお客さんたちが打上げ場所正面の草原に敷いてくれた広いシートの上で、ゆでたてのだだちゃ豆やとうもろこしをいただきながら、心地好く、壮大な打上げ花火を堪能した。


俳優佐藤輝 山形県酒田市最上川花火ショー


 涙して見る花火ある今年かな  輝


俳優佐藤輝 山形県酒田市最上川花火ショー


 酒田市の夢と希望をテーマにした迫力ある『輝点』をオープニングに、間に種類を解説した『花火教室』を入れて、東北地方の『四季』、大震災被災地に復興のエール送る『希望の光』、酒田オリジナル多重芯の『酒田華』、歴史と文化を更に発展させる『豊饒』、上空750メートル幅1850メートルにスターマインを打上げて雄大な最上川と鳥海山を表現したグランドフィナーレ『山河』へと続く、全体の構成と演出が伴奏音楽とあいまって、実に思いのこもった感動的な花火だった。

 かつて経験したことの無い、花火の美しさだけに終わらない、鎮魂や供養の祈りも加わった重さと奥行きのある花火による芸術表現を、初めて体験し感動した。

 『花火は酒田にかぎる ! !』


俳優佐藤輝 山形県酒田市最上川花火ショー


 8月2日の青森ねぶた祭から始まった東北4大まつりも、今年は特別な思いを込めて準備が進められたと思う。
 そんなことを想像しながら、最終日7日の山形花笠まつりを、36年ぶりに見に行った。

 市場では買い物をしてこそ意味があるように、まつりも参加してこそ意味がある。
 夕方、パレードが始まる前に市役所前の通りで30分間ほど、踊りの先生が手本を見せてくれる飛び入り輪踊りがあったので早速飛び入りした。
  持っている花笠は、簡単に組み立てられる厚紙に印刷された花笠だ。


俳優佐藤輝 山形市花笠まつり


 パレードが始まって最初の山車に乗っているのは、まつりのシンボルとも言うべき『蔵王権現』。それが・・・、36年前にも、こんな発泡スチロールをくっつけたような薄っぺらなシンボルがまつりの中心かとがっかりしたが、今年も同じ感想。
 まつりへの思いの無さが、3大まつりとプラス1との大きな違い。
 観光まつりとしてやるのなら、観光客に、金と時間をかけて見に来ただけのものはあったと感じて貰える何かが無ければ、金返せと言われても仕方がないだろう。


俳優佐藤輝 山形市花笠まつり
こんなに一生懸命、美しい花笠踊りを踊っている子供たちもいる。


俳優佐藤輝 山形盛夏の蝉
閑(しずか)さや 岩にしみ入る 蝉の声  芭蕉の蝉の子孫の声を子守唄にしてうとうと・・・


 山形県庄内地方の酒田市や庄内町には美味いラーメン屋が多い。
 内陸部、村山地方のそばの美味さは知れ渡っていて僕もよく食べるが、ラーメンの美味い店が中々見つからなくて残念に思っていた。ところが、意外や意外、思いもかけないところで、僕好みの最高のラーメンに出合った。まずは食べてみてください。納得するでしょうから。

     らーめん ちゃあみい
     天童市鎌田本町3-8-18 
     023-651-3351 定休月曜日 


俳優佐藤輝 山形県天童市らーめん ちゃあみい


 僕の好みは、東京なら喜多方ラーメンの『坂内』。醤油味の太麺。
 これはちゃあみいの「山形醤油チャーシューめん」700円。たっぷりと煮込んで味のしみ込んだ美味い大きなチャーシューが8枚も載っている。500円のラーメンでも2枚載っている !

                     輝 ☆彡 2011.9.2




                           ページTOPへ
 2012年1月〜6月 新しいページへ  古いページ2011年6月〜8月 
Copyright©2003-2018 TERUTSUU All Rights Reserved 記事・写真の無断転載を禁じます。