劇団SBZ 佐藤 輝出演記録
   
    

劇団SBZ『石川五右衛門』『忠臣蔵』
佐藤 輝 出演記録
 

         

       
あそびごころの 佐藤 輝の世界
       

H O M E
 | プロフィール | 俳優・佐藤輝 | サンチョ写真館 | 俳句 | エッセイ | てるてる広場 | 縁あってリンク
      


忠 臣 蔵 〜元禄仇討ち裏事情〜

 
























































■2014年12月 佐藤 輝 出演

劇団SBZ公演 第3弾! に客演
脚本・演出 和希太平
忠 臣 蔵 〜元禄仇討ち裏事情〜


2014年12月3日( 水 ) 〜 6日( 土 )
 12/3(水) 夜のみ18:30  4(木) 夜のみ18:30 
 5(金) 昼14:00 夜18:30  6(土) 昼12:00 夜16:00 

入場料 : 全席指定 ●前売 5,800円 ●当日 6,000円

会場 品川区 スクエア荏原・ひらつかホール
東京都品川区荏原4-5-28 電話 03-5788-5321
東急目黒線「武蔵小山駅」徒歩10分
東急池上線「戸越銀座駅」徒歩10分



俳優佐藤輝出演 劇団SBZ 忠臣蔵 チラシ


出演 :
佐藤 輝/松元信太朗
武智大輔/武田知大/鼓太郎/市瀬秀和
町田正則/坂本直弥/藤森大輔/北嶋マミ/河野恵里子
喜多川一穂/重住 綾/水島文夫/後藤真采呂/伊藤寛真/安奈音々
湯山敬太/井上謙一/杉浦大毅/西田 圭/黒島 蓮/蒼井 爽
大智そあ/矢崎彩音/上野礼子/澤村涼音/せいのゆみ/山之内和也
徳永しのぶ/畠中ひろみ/TAKEHARU/加藤雄介/サラ/日出郎/リン


俳優佐藤輝出演 劇団SBZ 忠臣蔵


師走の芝居の定番は誰もが知っている、あの『忠臣蔵』! !
定番の主役は大石内蔵助、からむのは悪役・吉良上野介
悲劇の藩主・ 浅野内匠頭とその正室・阿久利
そして赤穂浪士四十七人

しかし、
この 〜元禄仇討ち裏事情〜 は、誰もが知らない『忠臣蔵』! !

あの水戸の黄門様が助さん格さんを連れて登場する(えェッ!?)
奇想天外 ! ! 七転び八起きの さあ大変 ! !
この誰もが知らない『忠臣蔵』の主役は誰なんだ? 謎が謎を呼ぶ ! !

世間に語り継がれる定番『忠臣蔵』のナゾの部分を裏から見ると
こんなことだった ! !

緩急自在な舞台進行と息をもつかせぬパワー溢れる大立ち回り
唄と踊りを美しく彩る多彩な照明 まさに年の瀬の夢の世界です
劇団SBZ(シバイズキ)の特色が炸裂する時代劇エンターテイメント

口をアングリと開けて納得し、大声で笑ってください ! !
大爆笑喜劇で、今年を明るく楽しく締めくくってください ! !


佐藤 輝が前回公演『石川五右衛門』の太閤秀吉役に続けて
劇団SBZに客演 ! !
さて!? 佐藤 輝が演じるその役名は?
 




夏休み 三浦海岸 民宿BBQ ! ! !  
 
 好評大入りで盛り上がった『石川五右衛門』の打上げは自由参加で三浦海岸に。

 夏真っ盛りの大浦海水浴場はまるでプライベートビーチのよう。





 みんなが一つの作品を仕上げる緊張感と苦労から開放されて夏休み気分。

 サンサン太陽のもとで歓声がはじけ笑顔と水しぶきがはじける。 

 これも評判となる作品創りに参加してベストを尽くしたと言う満足感を持てたからこそ。





 意外な人がバシッと真っ二つに割ったり、回りの指示通りに動いて上手く割った人もいれば、間違った方向に誘導する人もいて、スイカ割りだけでも中々面白い人間観察ができて大満足。
 




 民宿の二階からこの間口漁港が一望できて、お気に入りに。

 漁港を前にして建っている民宿鈴清丸の庭がBBQ会場。
 




 みんなが泳いでいる間に、和希さんたちが買い出しに行ってくれた材料を網焼きにして熱々のBBQ。
 最初に焼かれた厚い大きなステーキ肉は、この写真の時にはもうない。何を食べても、何を飲んでも、んまい ! !

 「ああっ! 虹 !」誰かの声で見上げた空の雲に、微妙に七色の部分が。
 高層の氷の粒が雲になっている、もう秋のすじ雲の出始め。


 漁港の先の磯浜まで暗やみの道を歩いて行って、花火大会。

 一番盛り上がったのが、みんな夫々に持った線香花火の火を途絶えさせないようにつなげ合ったこと。途切れると静かな闇の間が。
 その間は磯を打つ小さな波音と、近くの灯台の間を置いた灯が主役になる。





 予定があってここで帰った人たちを見送ってから、民宿の二回で再度の飲み食い。

 エアコンを入れているのかと錯覚したほどに心地良く吹き抜ける風が爽やかで、僕は早々に眠りに就いたが、語り合いたい人たちは明け方まで喋り合ったらしい。


 ウグイスの鳴き声で目を覚ました翌朝、港をぐるっと反対側にまわって、磯伝いにその先にある剱崎灯台までツアー。





 船舶の航行が多い東京湾の入口に立つ重要な灯台。
 昨夜花火をしながら見た灯はこの灯台の灯。

 『石川五右衛門』の舞台と共に、この一夏の思い出として脳裏に焼き付けられた。


     


 『石川五右衛門』をご覧になったK.Sさんから、2014.8.5の日付で感想のお手紙をいただいた。その冒頭部分を紹介します。
                     
 劇団SBZ「天翔ける盗賊 石川五右衛門」、私は8/26(土)に観劇しました。
 終演後には出演者の方が衣装のままロビーでお見送りをしてくださり、エンターティメントな活劇のお芝居とおなじに、華やかで笑のあるお別れが嬉しかったです。
 佐藤さんにもお会いできて、お話もでき、素敵なお衣装も真近で見ることができたので、楽しい気持ちで会場をあとにすることができました。

 「石川五右衛門」は笑いのある活劇ということで、若い人達中心に、楽しく面白い舞台になっていました。そしてそこに佐藤さん達年配の方々が入る事で、芝居の締まるところでびしっと締まるものになっていたと思います。
 五右衛門が一幕で皆を助ける為に死んでしまった時には「え? 主人公なのに?!」とびっくりしたのですが、一番の子分の鯱が意志を継いで秀吉をこらしめようとしていくわけで、だから雪姫に一目惚れしたのは鯱だったんだ、と話しに引き込まれて、わくわくとして観ていました
                    
 一度観ただけでこれほど書けるかと驚嘆するほどの素晴らしい感想文です。
 この続きは「てるてる広場」でぜひぜひご覧ください。

                     輝 ☆彡 2014.8.5



石川五右衛門
 


 



 
劇団SBZ 石川五右衛門 秀吉佐藤輝 雪姫喜多川一穂
喜多川一穂さんが演じた石田三成の娘・雪姫は笛の名手。秀吉に見初められて側室に上がるように求められたが、その前に二代目石川五右衛門になる鯱と一目惚れの両思いになっていた。







 







カーテンコール。
舞台稽古の日、雪姫役の喜多川一穂さんの誕生日。カーテンコール途中でサプライズのハッピーバースデイ!




7月27日、千秋楽。
 夕方からホールに隣接するイベントホールで観客の希望者も参加しての打上げパーティー。出演者と振付の茜さんがどこで仕込んだのか踊りショーがあって楽しいパーティー。


右、個性あふれる忍者・百地百太郎役の加藤直さん。エンターテイメント俳優集団HIROZに所属し、普段は香川県丸亀市にあるNEWレオマワールド内の日本元気劇場に出演している。鍛え抜かれた身体のシャープな切れと歯切れの良いセリフのテンポが心地良い。スゴイ百地の個性を支えているのは直さんのスゴイ経歴と個性。



出演者全員が観客の皆さんに観劇お礼のスピーチ。終わった人から順にステージに腰かけて。
喜多川一穂さんの左が二代目五右衛門になった鯱役の宮川(ミヤカワ です! )智之さん。良く頑張った器用な役者 ! !
後、左が劇団SBZ代表の山本太郎さん。実は石田三成を演じた俳優の松元信太朗さん。
右が脚本・演出の和希太平さん。この人のパワーとお客さんに喜んでもらえる面白い舞台を創ろうとする意欲はチョットやそっとではない。そのためのアイディアが次々と湧き出て来る。





 7月8日からは中板橋にある稽古場に大道具を組み立てての立ち稽古。



高橋浩二朗さんの千利休と秀吉。「かふぇ」の話から「さすが違いのわかる男にございます」と笑いで始まった場面は、最後には二人の決別に至る緊迫した場面に。


 時代劇のベテラン高橋浩二朗さんには、稽古スケジュールのことから衣裳の着付けや楽屋のことまで、本当にお世話になった。



特訓を重ねてきた踊りナンバーはポイやフラッグなどの手具を扱う振付。絡まないように気を使いながらもテンポ良くリズムには乗らなければならない。体全体を大きく使わないと絡んでリズムが狂ってしまう。そして階段を上り下りしながらも手具を動かし続ける。
見ているのは楽しいが、踊るのは大変だと思う。
バラエティーに富んだ切れの良い振付は茜澤茜さん。






凄い! 山形のサクランボ、紅秀峰!!

 日本屈指のおもてなしの宿として知られる山形・上山温泉の『日本の宿 古窯』佐藤信幸社長から「かみのやまの親善大使を参上させます」と添え状をつけた、山形県が毎年の発売日を指定するスペシャルサクランボ『紅秀峰』をいただいた。





 さっそく稽古場に。

 一同が、サクランボの姿を見て歓声! !
 大粒を口に入れてにっこり、そして「これは美味い! ! スゴイ! !」。
 稽古場が喜びにあふれて、エネルギーをもらった。

 添え状には「感謝をこめて」とあるが、僕には佐藤社長から感謝されるようなことが何一つ無く、僕の方こそ佐藤社長と女将の洋詩恵さんから戴く激励のお心遣いに心から感謝している。
 このお返しは、俳優として一人でも多くのお客様に感動してもらえるようにレベルの高い演技にベストを尽くすこと、と心得ている。

 その前にも故郷から届いた佐藤錦があって、これら山形のサクランボの話から、高橋浩二朗さんのお父さん・常磐津千代太夫さんが山形県米沢市の出身、薄田隼人を演じて工夫のアドリブで芝居をふくらませた佐藤一也さんのお父さんが矢張り山形県大江町左沢の出身と判明し、この舞台に山形県出身関係者が三人も出演しているのは珍しいと、舞台稽古前日に神楽坂にある浩二朗さんの御両親の店『お腹袋』で「芸能人山形県人会」を開いて楽しいひとときを過ごした。



中板橋と志茂を行ったり来たりしながらの稽古も終わって公演会場の品川区スクエア荏原での舞台仕込みの日、暇をみてわが家のベランダに出ると鬼灯が紅色に色付いていた。急に句心がうずいて、また一句。

  ほおずきの 色づく頃や 劇場(こや)に入る  輝



■2014年7月 佐藤 輝 出演

劇団SBZ公演 第2弾! に客演
脚本・演出 和希太平
天翔る盗賊 石川五右衛門


 品川区 スクエア荏原・ひらつかホール 
2014年7月24日( )〜27日( 日 )
 7/24(木)18:30 25(金)14:00 18:30 
 26(土)14:00 18:30 27(日)13:00 

 
入場料 ●指定席 6,000円 ●自由席 5,500円 

出演 :
生島勇輝/喜多川一穂
宮川智之/樹原ゆり/北嶋マミ
松元信太朗/高橋浩二朗

武田知大/佐藤一也/夏樹 弘/宮尾知里/安奈音々/金子桂恵
竹内政紘/加藤 直/山下慎悟/鈴木花純/葵 洋輔/桑田裕介
大智そあ/なつみ/中道宏幸/山之内和也/小林成美/小松雅樹
佐藤 輝 / 西田 圭



腹をかかえて笑って下さい ! ! 笑う悲劇です ! !

義賊・石川五右衛門が挑むのは
天下統一を成し遂げて高麗、百済から大明国、さらに
その先の世界制覇へと野望を抱く絶対権力者・豊臣秀吉

茶道の祖・千利休や出雲の阿国などを巻き込んで繰り広げられる大活劇

石田三成の娘・雪姫と五右衛門の恋の行方は・・・ !?

佐藤 輝は色好みの敵役・豊臣秀吉役で出演
佐藤 輝 大悪
(おおわる)に初挑戦




                            ページTOPへ   
Copyright©2003-2019 TERUTSUU All Rights Reserved 記事・写真の無断転載を禁じます。