シェイクスピアの三大パロディ『まくべっと』佐藤輝 出演記録
         
『ウェスト・サイド・ストーリー』『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』と共に
シェイクスピアの三大パロディの一つとなった『まくべっと』

パニック・シアター 『まくべっと』出演記録
        
                  
あそびごころの 佐藤 輝の世界
          
H O M E | プロフィール | 俳優・佐藤輝 | サンチョ写真館 | 俳句 | エッセイ | てるてる広場 | 縁あってリンク


『ウェスト・サイド・ストーリー』『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』に今回のこの『まくべっと』を加えてシェイクスピアの三大パロディが完結した ――― 小田島雄志



パニック・シアター海外作品シリーズ vol.25


ウジェーヌ・イヨネスコ◆作 中村まり子◆訳
中村まり子/田村 連◆演出

『まくべっと』
〜Eugene Ionesco:Macbett〜


俳優佐藤輝 まくべっと 負傷兵 『まくべっと』
シーン 4 「おかしな負傷兵」 佐藤 輝の負傷兵 写真撮影:伊勢和人


 俳優佐藤輝出演 パニック・シアター まくべっと 宣伝チラシ


2013年10月30日〜11月4日
下北沢「劇」小劇場

《出演者》

佐藤 輝・・・・・・・・グラミス・負傷兵・陳情者3・宴客1
中島久之・・・・・・・・カンドール・将校・宴客2
吉田賢太・・・・・・・・バンコー
田中孝宗・・・・・・・・マクベット
田村 連・・・・・・・・ダンカン
窪田 亮・・・・・・・・マコール
中村まり子・・・・・・・ダンカン夫人・魔女1
香坂千晶・・・・・・・・侍女・魔女2
田中 礼・・・・・・・・蝶々追い・レモネード売り
新谷 太・・・・・・・・兵士1・宴客3
長谷川勇司・・・・・・・兵士2・宴客4
吉岡大樹・・・・・・・・兵士3・宴客5
丸山彩智恵・・・・・・・小間使い1・陳情者1
垣田夕紀・・・・・・・・小間使い2・戦場の女・陳情者2
大島美佳・大森留依 +全員・・バーナムの森になる人々

《スタッフ》
美術:皿田圭作 
照明:日高勝彦 
音響:藤平美保子 
舞台監督:植木英人
照明操作:山田慎輔 
音響操作:中西 梢
写真撮影:伊勢和人 
チラシデザイン:紙谷礼治 
演出助手:大島美佳/大森留依 
衣装協力:ザ・スーパーカムパニイ/窪田 亮 
仮面製作:中村まり子 
著作権代理:フランス著作権事務所 
制作:菊地 廣 制作助手:川井麻貴 
企画・製作:パニック・シアター

《協力》
劇団アルターエゴ/日高舞台照明/T.E.S./SPACE HIDAKA/田上事務所/
グループ・インパクト/スターダス・21/ザ・スーパーカムパニイ/
さち子プロ/ジャンクション/劇団俳優座
高津装飾美術・中村エリト/赤帽ナツヒロ/スタジオ アギラ・松田 彰


 俳優佐藤輝出演 パニック・シアター まくべっと 宣伝チラシ

『まくべっと』は、
シェイクスピアの『マクベス』を、ルーマニア出身でフランスで活躍したイヨネスコがパロディにした『マクベット』の現代日本語版。つまり、まくべっとは、マクベスをもじった国王になる登場人物の名前です。

これぞ演劇なう!
最先端の現代演劇を体感したい方にはお勧めの抱腹絶倒ナンセンスコメディ。
痛烈な現代日本風刺が爽快。
こんにちの新しい日本語訳によって、生き生きと面白い、庶民感覚満載のコメディになっています。

パニック・シアターは、
1973年に井上ひさし作『天保十二年のシェイクスピア』(西武劇場)で佐藤 輝と共演し77年に佐藤が主宰する劇団動物園公演ミュージカル『紅葉乱舞車達引もみじまうくるまのたてひきに客演した女優中村まり子さんが主宰する演劇企画ユニット。
「大人の小劇場を!」をコンセプトに30年以上活動を続けており湯浅芳子賞を受賞するなど成果が高く評価されています。



小田島雄志・翻訳戯曲賞『まくべっと』授賞式 

 2014年1月14日に東池袋のあうるすぽっとで2013年の第6回「小田島雄志・翻訳戯曲賞」の授賞式と祝賀会があり、僕も出席した。

 今回は『まくべっと』を翻訳・演出した中村まり子さんと『最後の精神分析 ―フロイトvsルイス― 』を翻訳・演出した谷賢一さんが受賞しました。

 僕は中村まり子さんと知り合って丁度40年の去年10月にその『まくべっと』公演に参加した者として、芝居創りの大変さを知る者の一人として、まり子さんの受賞を心から喜び関係者と共に大きな拍手を送って祝福しました。


俳優佐藤輝撮影 小田島雄志翻訳戯曲賞 中村まり子
賞状を読みあげる小田島雄志さん。受賞の中村まり子さん。同時受賞の谷賢一さん。


俳優佐藤輝 小田島雄志翻訳戯曲賞まくべっと中村まり子
祝賀会が開かれたロビーには『まくべっと』のポスターが飾られて、お祝いに駆けつけた関係者が中村まり子さんを囲んで記念写真。


俳優佐藤輝 まくべっと中村まり子
会場近くの居酒屋で新年会をかねて祝賀会。気分が良く大いに盛り上がって酒の回りも早く、すっかり赤い顔。

 いつまでもいつまでも祝っていたいみんなの思いが一つになって盛り上がった祝賀会。またの再結集を誓い合って家路に。

                     輝 ☆彡 2014.1.18


小田島雄志・翻訳戯曲賞に決定 ! ! 

 2013年12月11日、第6回小田島雄志・翻訳戯曲賞に中村まり子さん(女優、演出家、翻訳家、劇作家)と谷賢一さん(作家、演出家、翻訳家)に決まったと同賞実行委員会事務局から発表されました ! !
 中村まり子さんの対象翻訳作品は『まくべっと』。中村まり子さん主宰のパニック・シアターが10月30日から11月4日まで下北沢・「劇」小劇場で、僕も出演して公演した作品。

 中村まり子さん、おめでとう ! ! 


『まくべっと』千秋楽 ! ! 
 
 11月4日、毎回売切れの満席大入り、大好評のうちに無事千秋楽を終えました。

 ご観劇くださった皆さま、ありがとうございました。
 また、温かなお心遣いを頂戴しありがとうございました。御礼申し上 げます。

 皆さまのご声援に支えられて無事に全ステージを終えることができました。



 グラミス男爵、負傷兵、陳情者3、宴客1の4役を、この作品の中の登場人物として演じ分けることは楽しいことだった。

 以下8枚の写真はGP(通し舞台稽古)の舞台写真です。撮影は伊勢和人さん。


俳優佐藤輝 まくべっと グラミス
シーン 1 「グラミス、カンドール、怒る」 マクベット(田中孝宗)とグラミス(佐藤 輝)


 それぞれの役柄をしっかりと演じることがこの作品を支えること。

 訳・演出の中村まり子さんの要請で「負傷兵」「陳情者3」のセリフを、僕が山形弁に直した。


俳優佐藤輝 まくべっと 負傷兵
シーン 4「おかしな負傷兵」 中央が負傷兵(佐藤 輝)


 二つの役柄を考えて「負傷兵」は山形県でも西の日本海に面した地方の庄内弁にして、「陳情者3」は山形市を中心にした村山地方の村山弁にした。


俳優佐藤輝 まくべっと 負傷兵
シーン 4「おかしな負傷兵」 負傷兵の話す庄内弁に耳をそばだてる、左から兵士3(吉岡大樹)、兵士2(長谷川勇司)、兵士1(新谷太)、ダンカン王(田村連)、侍女(丸山彩智恵)、実は魔女のダンカン夫人(中村まり子)、実は魔女の侍女(香坂千晶)


俳優佐藤輝 まくべっと 負傷兵
シーン 4「おかしな負傷兵」 負傷兵(佐藤 輝)とダンカン王(田村連)


俳優佐藤輝 まくべっと 負傷兵
シーン 4「おかしな負傷兵」 負傷兵(佐藤 輝)とダンカン夫人(中村まり子)、兵士たち


 庄内弁は北前船によって運ばれた京上方や瀬戸内の言語の影響が強い。


俳優佐藤輝 まくべっと 陳情者3
シーン 10「ダンカン暗殺」 村山弁で訴える陳情者(佐藤 輝)とダンカン王(田村連)


 村山弁は北関東から福島弁宮城弁と続いている言語の流れ。


俳優佐藤輝 まくべっと 宴客1
シーン 13「大詰め」 国王となったマクベット(田中孝宗)と宴客1(佐藤 輝)


俳優佐藤輝 まくべっと バーナムの森 人々
シーン 13「大詰め」 バーナムの森になる人々 (以上8枚の写真は撮影・伊勢和人)


 感激のご感想もたくさんいただきました。
 その一つ、DEKOさんからのご感想メールを紹介させていただきます。
          
2013.11.1 DEKO
昨日(10月31日)は楽しかったです。
笑いながら、結構重苦しかったり、怖かったりしました。

声、眼、そして体全体を使っての役者さんの表現力というのはすごいものだと改めて感じました。
あっという間に目の前のスペースが異空間になってしまいます。
非日常の世界なのに、とても身近な、身につまされる物語に。

イヨネスコにしては(と言っていいのかどうかわかりませんが)合理的展開でしたね。
マクベス夫人を抜いたというのはすごいけど、騙される成り行きやその後の展開も、原作より納得できるような気がしました。
蝶々追いはイヨネスコ?それとも今回の演出?
違和感はありましたが、妙にワルツに合ってたり、雰囲気をだしてたり。

文楽での「テンペスト」も見たことがありますが、
シェイクスピアは、いじりがいのある劇作家ですね。

かぶりつきの真ん中特等席を取っていただき感謝申し上げます。
サンチョがまた見たいなぁ。

まだ公演の最中でお忙しいのは承知していますが、昨夜の興奮のまま書いてしまいました。
 DEKO
          

 嬉しいご感想、ありがとうございました ! !


俳優佐藤輝 まくべっと

 ステキに洒落た白小菊の花束をくださったのは『チャングムの誓い』カンドック役で舞台出演した時に、韓国の宮廷料理やマッコリ、文化などについて助言をいただいた佐野良一さん。佐野さんは韓国料理や歴史に関する本を多数書いているイベントプロデューサー。
 ご自分のツイッターに舞台の感想を書いてくださっている。
 https://twitter.com/sano_ryoichi

直木賞作家の松井今朝子さんもご自身のホームページ「今朝子の晩ごはん」に嬉しい感想を書いてくださった。
 「今朝子の晩ごはん」11月2日の「海老チリ、八宝菜、腸詰め、ピータンほか」の項。
 http://kesako.jp/ 


俳優佐藤輝 中村まり子 金森勢


 この作品だからとか、この出演者だからとか、色々の思いをもってお客さんは劇場に来てくださった。

 ダンサー金森勢さんとはひょっとして36年ぶりの再会 !?

 まり子さんと一緒に、金森さんと嬉しい再会だった。

 中村まり子さんとの出会いは1973年の井上ひさし作『天保十二年のシェイクスピア』(西武劇場)。テレビ『ピンポンパン』の体操のお兄さんで知られた金森勢さんもその時に一緒だった。

 そして1977年に僕が主宰する劇団動物園のミュージカル『紅葉乱舞車達引もみじまうくるまのたてひき』公演にまり子さんと金森さんに客演してもらった。
 それ以来になる、金森さんとの再会 ! !

 時を経て思う、人との繋がりのありがたさ。
 元気でいるからこそ再会して喜びあえる嬉しさ。

 この『まくべっと』に参加して、俳優として最も大切な日々新たな自分を発見すること、それを演技に生かして表現を深めること、このことをしっかりと求める気力と体力が自分の中に十分にあることを確認することができたのは大きな収穫 ! !
 次に向かってあらためて自信を持つことができた。

 まだまだ現役俳優として頑張ります。

 皆さんからの励ましが一番のビタミン剤です。
 これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

                     輝 ☆彡 2013.11.11
 

『まくべっと』開幕 ! ! 

 昨日30日に初日の舞台を満席大好評で終えました。
 温かな笑いと熱い拍手に包まれて。

 本当に面白い芝居になりました。

 終演後の初日乾杯でシェイクスピア学者の小田島雄志先生から「『ウェスト・サイド・ストーリー』『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』に今回のこの『まくべっと』を加えて『シェイクスピアの三大パロディ』が完結した」との絶賛の評をいただきました。そして「生きているうちにそれを見ることができて良かった」と嬉しい言葉が続きました。

 訳・演出それにダンカン夫人と魔女を演じてこの作品をまとめて創った中村まり子さんの熱い思いと努力が実を結んだ舞台です。


俳優佐藤輝 まくべっと 中村まり子 小田島雄志 小田島恒志
乾杯後に、左から中村まり子さん、小田島雄志さん、息子さんでやはりシェイクスピア学者(早稲田大学教授)の小田島恒志さん、佐藤 輝。恒志さんは僕が演じている「グラミス男爵」の参考のためにと、ご自分が撮影された「グラミス男爵」の居城の写真をわざわざ持ってきてくださった。とても大きく立派な城 ! !


 9月末からの1カ月以上にわたる稽古で、台本から芝居が立ち上がっていく経過を久しぶりにつぶさに体験し見ることができて、僕のこれからの役者人生にとっても大事な作品になりました。


俳優佐藤輝 まくべっと 宴客1
稽古場で。

 ベテラン出演者の個性と演技力はもちろん、若い出演者たちもお互いに磨き高めあいながら、夫々のポジションで舞台を支える力を持てるようになったのは素晴らしいことでした。日々レベルが高くなるのに刺激されながら、僕も日々新たな自分を発見する役作りを心がけることができました。スタッフと共演者の皆さんに心から感謝申しあげます。

 11月4日の千秋楽まで、今日も含めて7回の公演をより充実した舞台にしていきます。ご都合の付く方は、是非是非ご覧ください。

                     輝 ☆彡 2013.10.31




                             ページTOPへ   
 
Copyright©2003-2018 TERUTSUU All Rights Reserved 記事・写真の無断転載を禁じます。