俳優佐藤輝エッセイ「季語のある日々」07.3.20 卒業
佐藤輝のエッセイ「季語のある日々」
2006年4月から2007年3月まで1年間にわたって山形新聞に連載。

2006年4月4日 ベランダは山形に地続き 4月18日 サンチョの生みの親-(上) 5月2日 サンチョの生みの親-(下)
5月16日 草笛を吹いたころ 5月30日 もみじ若葉の小倉山 6月13日 蒼き雨降る梅雨の入り
6月27日 二人のテルアキ 7月11日 星に願いを 7月25日 アクア・スプラッシュ 8月8日 夏の故郷
8月22日 夏草や・・・ 9月5日 一期一会の虫の夜 9月19日 高きに登る 10月3日 歳時記 10月17日 美しい日本 
10月31日 再生 11月14日 俳優への第一歩 11月28日 捨てる神あれば・・・ 12月12日 山茶花の散るや・・・
12月26日 一陽来復 
2007年1月9日 演劇の神様 1月23日 見果てぬ夢 2月6日 寒い朝
 2月20日 暖冬に思う、寒さかな 
3月6日 ハポンのサンチョ 3月20日 卒 業


     2007.3.6掲載 卒 業
   卒 業

              佐藤 輝

 我が家のベランダでは今、故郷山形の生家から持ってきた実生の真紅の椿(つばき)「舘椿」と並んで、例年なら4月に満開になる椿「日暮(ひぐらし)」が早々と咲いている。
 新社会人たちが町にあふれるとともに、多くの人たちが定年を迎えて仕事の現場を卒業していく季節。俳優には定年がなく、あるのはフェードアウトかカットアウトだけ。
 定年諸君よ、仕事現場からの卒業は新世界へのスタートだ。職場の常識でがんじがらめになった古い上着を捨て、青春時代に抱いた夢に再度チャレンジすることもできる。あの時には持っていなかったが、障害を克服する知恵とありあまる時間を今は持っている。
 この1年、エッセーを書きながらつくづく思ったのは、僕は最高レベルの素晴らしい人たちとの出会いがあったからこそ今まで俳優を続けてこられた、ということ。人との出会いが新たな出会いを生み、その人たちから感性を刺激されて、さらに広い世界に出会うことができた。そして、その僕を支えてくれる人たちに恵まれた。尊敬し尊重し合える人間関係こそが人生の最高の宝だと思う。
 演技も含めて、表現は、人間誰もがもっている自己顕示欲を昇華させた結果だ。俳優は生身で表現するから、好き勝手に演技しているように見えるが、スタッフや共演者と互いに尊重しあい十分に意思を通わせた共同作業の結果、はじめて、お客さんが感動できる表現が生まれる。だから、優れた感性に加え、他人を認め気づかう、社会人として最低限のエチケットやマナーを身につけていない人は俳優を続けることがむずかしい。これは俳優に限らず、日常生活でみんなが気持ち良く暮らすために、高度な知識よりも何よりも大事なこと。信頼関係のはじまりはコミュニケーションだから。それは幼児のうちに、親や社会がしつける以外にない。
 広い庄内平野のど真ん中で、ひもじい時代ながら心はのびのびと育ち、気高くそびえる鳥海山と、平野を優しく抱く月山から壮大な気宇をもらい、息もつけないほどの冬の風の強さから辛抱強く耐えることを学んだ。自然のうつろいを飽きもせず眺め、その時々刻々の印象を、心に刻んでいる。僕の感性の原点は美しい故郷にある。故郷は大きな誇りだ。
 このエッセー連載、書きたいことが山ほどあって、毎回最初の下書きでは三千字を超え、仕方なく割愛したエピソードも多い。また、新聞の表記には、漢字や人名地名など、多くの決まりがあって驚いた。季語に多い動植物の名前は決まりではカタカナ表記。だがカタカナ表記では「季語のある日々」というタイトルに反して、詩情がなくなる。それで漢字の後に読み仮名を入れた個所が多い。
 舞台とちがって新聞は読者からの反応が少ないのが心もとない。この一年間で直接感想を聞くことができたのは、手紙も含めて十人ほど。ひょっとして山形新聞には購読者がいないのではないかと思ってしまった(笑)。
 演劇は、見る人に「人間って何て不思議で面白く、人と一緒に生きているって何と楽しいことだ! 明日も生きるぞ!」と、生きる喜びと希望を持ってもらうためにある。一人でも多くの人にそう感じてもらうために、僕は演技をする。百歳まで現役俳優でいたい。
 詳細は未定だが、今年12月は東京・日比谷、来年2月は名古屋、それぞれ大劇場に出演。また来年春は皇居前・帝劇でのミュージカル「ラ・マンチャの男」サンチョ役が待っている。
 このエッセー連載も最終回。読んでくださってありがとう。今度は劇場でお会いしましょう!
 ホームページ「あそびごころの佐藤輝の世界」に、出演予定や折々の雑感などを掲載しています。掲示板への書込みも大歓迎。どうぞご覧ください。

 うれしさも別れも春の中にあり 輝

 俳優佐藤輝 山形県庄内町 融合料理まごころ
写真タイトル
故郷のレストランで、満足顔の筆者(撮影・天童真理子)
          
          2007.03.20掲載分 
                   ページトップにもどる



Copyright©2006-18 TERUTSUU 記事・写真の無断転載を禁じます。